2人に相応しい結婚指輪を選ぼう|運命の指輪に出会えるチャンス

夫婦で交わす指輪

ハート

指輪の特徴

結婚式の際に、結婚指輪の交換を行うカップルがたくさんいます。必ず結婚指輪を交換しなくてはならないという決まりがあるわけではありませんが、永遠の愛を誓い合った証しとして、互いに指輪を贈り合うカップルが大半です。結婚指輪は、結婚後は常に左手の薬指にはめ続けるようにするのが一般的です。家事や仕事をする際にいちいち外していたのでは、紛失してしまう可能性が高くなります。そのため、日中はもちろん、寝ている間も外さずに指につけっぱなしにしている人が多いです。体の一部のようなものになりますので、結婚指輪にはつけ心地のよさやシンプルさが求められます。最近は石付きの結婚指輪を選ぶ人が増えてきましたが、その場合も、婚約指輪のように大きな石が付いているものはほとんど選ばれません。

石付きにする場合には

結婚指輪に用いられる石として最もポピュラーなのは、ダイヤモンドです。誕生石を用いるケースもありますが、色味の強い石が付いた結婚指輪に抵抗感を覚える男性が多いため、ダイヤモンドが選ばれるケースが一番多くなっています。石が大きければ大きいほど価値も高くなると単純に思い込んでいる人がたまにいますが、ダイヤモンドの価値は大きさだけで決まるものではありません。ダイヤモンドの価値は4C、すなわちカット・カラット・カラー・クラリティの総合評価で決まります。この4Cという判断基準は世界共通のものですので、ダイヤモンドが付いた結婚指輪を購入する場合は、信頼できる第三者機関が発行した鑑定書が付いているかどうか、また鑑定内容がどうなっているかをキチンと確認する必要があります。一生の思い出になる大切な指輪ですから、良い物を購入するようにしたいものです。