2人に相応しい結婚指輪を選ぼう|運命の指輪に出会えるチャンス

結婚の証として

男女

婚約指輪との違い

結婚指輪を初めてお探しの方は、何をどうしていいか迷われる場合もあるのではないでしょうか。そもそも、婚約指輪と結婚指輪はどう違うのかと思う人もいることでしょう。婚約指輪は婚約した、という証に男性が女性に向けて贈るものです。普段使いということは想定されていなく、パーティーなどのフォーマルな状況を前提にデザインされています。結婚指輪は、結婚したという証に夫婦で身に付けるペアリングになります。結婚式において指輪の交換がなされるのが一般的です。周囲に対して結婚していると示す意味も含められており、日常的に身に付けるのが一般的です。したがいまして、婚約指輪は用いられている宝石のサイズなど、人目を惹きようなデザインが多く、結婚指輪は日常生活に支障のないデザインが多いです。

シンプルさが重要

結婚指輪の相場は夫婦2人分で20万円台で推移しています。参考までに、婚約指輪の相場は30万円台となっています。デザインについてですが、夫婦で同じデザインのペアリングということがほとんどです。さらに、日常的に左手の薬指に身に付けることから、シンプルなものが好まれています。そのため、細身のものを選択される方がほとんどで、今後もその傾向は大きく変わらないことが予想されます。ただ、結婚指輪は普段は身に付けることはなく、買い物などお出かけの際にのみ身に付けるという場合や、婚約指輪との「重ね付け」を考えられている方は、必ずしもシンプルなものを選ぶ必要はないでしょう。夫婦2人でよく話し合うことが重要です。